20180810ドル円 ゆったり分析

本日のPivot

  • R3:111.75
  • R2:111.47
  • R1:111.27
  • P :110.99
  • S1:110.80
  • S2:110.51
  • S3:110.32
日足
ドル円日足

MACDは下降、高値は切り下げ中、上昇トレンドラインを割っていますが走らずまだ心地よさそうなゾーンで停滞しています(;’∀’) 日足的には、111.5ちょいの20MAや112.05あたりに見えるサポレジ転換ぽいネックライン付近が上の目安で、モミモミゾーンの下限を昨日試しましたが、抜けきらずで、110.6-5がしっかり抜けると109.9–110.1がクッションになるかなという幅を考えています。

240
ドル円4時間足

ピンク色の上昇トレンドラインは割れた判定とみてよさそうですが、モミモミゾーンの居心地の良さが半端ないのかゾーン内で、下降チャネル内にあります。ドル円はチャネルがお好きで、ピンクの高値切り下げラインでもチャネルが作れそうですが、そこは今のところ省いておきます。111.1前半に20MAと200MAが集中していて、抵抗になっているぽいです。4時間足では111.2—110.7くらいがざっくりのレンジ幅で上は抜けたら次なる抵抗で売りたいかなと戻り売りで考えています。

15.JPG
ドル円15分足

どちらかというと戻り売りかなという感じです。状況的にはドル高円高なのか、東京市場オープン前の状況としては、ドル円以外のクロス円は陥落状態、ユーロドルがとうとう1.15がつぶれるのか?つぶされてしまうのか?状態です。やりにくい状況ですが、ドル円の個人的な方針としては、昨晩のNY高値111.13をしっかり抜けて111.2-3のレジスタンスゾーンを越えられるか?超えた先には111.5-6、111.7-8と小刻みな防御壁がありそうで、上に跳ねたところでは淡々と売り、下は110.7をしっかりと抜けて110.5を潰せるかで、110.2–3はちょっと買ってみたい、110.0にかけてオーバーシュートあればかなり買ってみたい、と考えています(*’ω’*)

本日お盆前の五十日なので、東京仲値にかけてはドル不足傾向かなと思ったりしていますが、日米通商協議が行われているので、発表次第では上下に振れるので気を付けたいところです。

また、トルコリラがガンガン下がっていて、トルコ円は20円を割った模様です(;’∀’) 高スワップで、ほったらかしで夢のスワップ生活は、多くのFX愛好家が一度は妄想したことではないかと思います。下に止まらずということは、かなりのストップが出たのではないかと思いますが、下がってるから上がるだろうと安易に買うのはまた危険なので、買うのであれば状況が変わるまで待つべしと思います。短期売買とスワップ目的はまた違うのであれですが、スワップ目的で買うならば、例えば南アフリカのランド円と同じ水準やそれ以下までトルコ円が落ちても大丈夫と言えるロットと資金力での買い下がりができるのであればいいのかなとは思いますが、現状は落ちるナイフなのではないかと思います(;’∀’)

ゆろどる
ユーロドル日足

最後にユーロドル日足です(*’ω’*) とても美味しそうなところでおいしそうなラインを攻撃中です。ボリンジャーバンドも開き始めです。1.15陥落しても一度は跳ねるかもしれまんが、そのあと満足手仕舞いで上がるのか、満足手仕舞いのあとに1.13や1.11後半を目指してくれるかで1.15の攻略が楽しみです٩( ”ω” )و

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中