20180614ドル円 ゆったり分析

本日のPivot

  • R3:111.26
  • R2:111.06
  • R1:110.69
  • P :110.48
  • S1:110.11
  • S2:109.91
  • S3:109.54
日足
ドル円日足

昨日の日足が始値と終値がほぼ同じで上ヒゲで終わっています。上昇トレンド押し目派としてはちょっと嫌な足です。本日オセアニア市場タイムに前日NY安値の110.27を割り込んでいますが、110.2の200SMAがややサポートしている感ありです。109.8や109.6の押しは拾いたいとは思いますが、そのまままた上昇するかというと、110.85までの日足上ヒゲを食べに行ける展開なのか?ですが、ちょっと難しいなと感じます。

240
ドル円4時間足

4時間足にも上ヒゲが残っています。FOMCによる押上げと、米中貿易関連のニュースの押し下げによる悲しい上ヒゲです。移動平均線はまだローソク足の下なので、もみ合いそうですが、110.0割れると109.0との間のレンジゾーンに押し戻されるように見えます。まだ大きな三角の中なので行く先を見守りつつです。

15
ドル円15分足

15分足は上抜け失敗で110.1-110.5のレンジゾーンに戻されてしまったかな?という感じです。東京時間はこのレンジを想定して、目線は戻り売りかなと思います。110.1を割り、110.0攻防になった場合、109.9や109.7、109.5は様子を見て買いたいポイントかなと思いますが、ちょっと東京市場は様子見姿勢でいこうと考えています。

日足のかたち的には、上昇一服で調整かなと感じますが、今までのドル円の様々なニュースを受け止め乗り越えの堅調推移をみると、そう単純にとらえていいのかと躊躇してしまいます(;”∀”)

FOMCの結果を受けての欧州市場がどう投機判断するか?またECBもありますし、米朝問題がちょっと落ち着いたかと思えば米中貿易問題がまた浮上で、FOMCを経過してまだドル円が堅調推移できるか?なので、欧州以降の流れを待ったほうが安全なので東京市場は様子見と思っています٩( ”ω” )و

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中